積んでるゲーム、積まないゲーム



・ユニコーンオーバーロード
IMG_3540
FF7リバースのせいで積んでるゲーム、その1。ヴァニラウェアによるシミュレーションRPG。
積んでると言いながら1時間だけやってみた。面白かった。でも本腰入れてやる必要のある本格的なゲームという事が分かったので、FFに集中したい今は厳しい。
現時点での積みゲーの中では最も優先順位が高いけど、ひと段落つく頃にはドグマが来るというね。
ドグマ→ローニン→ステラーブレイドの流れは揺るぎないから、本格的に遊べるのは先になりそう。


・ブラザーズ リメイク
IMG_3543
7リバースのせいで積んでるゲーム、その2。it takes twoのクリエイターのデビュー作であるブラザーズのリメイク。
なんか弟くんの顔が怖い。


・ウェルカムトゥパラダイズ
IMG_3544 
7リバースのせいで積んでるゲーム、その3。how to surviveシリーズのスタジオによる新作。世紀末でサバイバルというありがちなジャンルだが、ゾンビを仲間にできるのが特徴。
マルチが楽しそうなゲームなのに積みありきで買ってしまったのは悪手な気がしてならない。


・What the golf?これがゴルフ?
IMG_3542
7リバースのせいで積んでるゲーム、その4。哲学的なタイトルのゴルフゲーム。
積んでるというか、なんかいつのまにか買ってしまったというか、ただタイトルが気になっただけというか、いつもの習慣が出てしまったというか。
そんな感じで勢いでゲームを買うことは多い。それぐらい適当に緩い気持ちでゲームには手を出していきたい。


・アウトキャスト A New Beginning
IMG_3545
7リバースが無かったら買っていたゲーム、その1。オープンワールドの老舗であるアウトキャストの新作。
PVでは戦闘が目立っていて、アクションが面白そうな冒険ができるゲームとして気になった。
しかし、今まではその組み合わせのゲームがあまり無かったのに、7リバースが完全に需要を満たしてくれて、少し先にはドグマ、ローニンがあり、バトルを重視したシームレスマップのゲームがここに来て一気に登場するので、別にこのゲームは置いといて良いかなと思った。


・メラトニン
IMG_3546
7リバースが無かったら買っていたゲーム、その2。ストーリー性のあるリズムゲーム。
まだ買ってないだけ。いつ手が滑ってもおかしくない。それぐらいミニサイズのストーリーゲームに対してやたさんの財布の紐は緩い。


・アウトラスト トライアルズ
IMG_3548
7リバースの存在関係なしに購入確定していたのに、日本でまだ発売されてないせいで買えないゲーム。協力プレイに特化したアウトラストの新作。
3月5日に発売と日本のストアページも公開されていたが、いつのまにか発売未定に。海外では何事もなく発売されている。
十中八九、規制に引っかかったんだろうなと思う。グロやアダルトの表現が激しいらしい。
でも、Xbox版は日本でも配信されてるんだよな。Xboxは国際レーティングのIARCさえ通してれば良いから。
ソニーと任天堂のハードは、IARCで18歳区分に該当するゲームはCEROも通さないと日本で発売できない。
日本でシェアを占めているハードメーカーの責任としてそういうルールを設けてるんだろうけど、ユーザーとしてはもどかしいね。


・ドラゴンズドグマ2
IMG_3549
7リバース以降、最優先ゲーム。待ちに待ったドラゴンズドグマの新作。楽しみで仕方ない。


・ライズオブザローニン
IMG_3550
7リバース以降、第二優先ゲーム。チームニンジャによる幕末が舞台のオープンワールドアクション。
とにかくドラゴンズドグマと発売日が被っているのが辛い。でも、かなりの期待作であるのは間違いない。


・アローンインザダーク
IMG_3551
ドグマとローニンの2日前に発売されるゲーム。アローンインザダークのリメイク。
購入確定しているけど、始めるタイミングで迷う。ドグマ発売までにこん詰めて一気にクリアーするか、落ち着いた時にゆっくりやるか。
昔の俺なら間違いなく前者だった。でも、最近はよっぽどの期待作じゃないと一気にクリアーするほどの集中力が保てないんだよな。


・ファイナルファンタジー7リバース
IMG_3534
積みゲーを生み出している元凶。100時間やってるけどまだ手付かずのエリアが残ってる。やり込み部分についてはバトルもミニゲームも探索もガチの攻略を求めてきてかなり難しい。
でも、それくらいの方がやってる感があるから良い。大作ゲームはソウルライクやサバイバルのジャンル以外、気持ち良く遊べないとダメみたいな風潮があるけど、クリアーまでは徹底的にお膳立てしてくれてるんだから、やり込みの要素くらいは、作り手が自我を出して良いと思う。