にっき



・OMORI

IMG_1689
2Dだし、ターンバトルだし、そういうゲーム最近俺乗り気になれないし、きっと途中でフェードアウトするんだろうなと思いながらも遊んでいたら、いつのまにかそんな気持ちは消え去り、あっという間にエンディングまで到達していた。
ストーリーに力があったね。当然そこに期待して買ったわけだけど。やっぱり俺は物語さえ気になってしまえば、大体のゲームは遊べるんだなと思った。

画像を見て貰えば分かる通り、なんか暗そうな少年が主人公のゲームです。少年の心の闇の深さは、想像以上だった。考えられる限りの最低最悪の真実が待っている。
でも、ただ暗いだけで終わってなかったのが良かった。前向きに、救いを見出そうというストーリーにはなっていた。
それにしても主人公の友達である「ケル」という男の子が凄く良い奴で、それはエンタメでよくある自己犠牲とか憐憫とかそういうわざとらしいものではなく、みんなで鬼ごっこを始めた時に一人でいることが苦手なのに鬼になってしまった主人公に対してわざと目につきやすい場所に隠れてすぐに見つかってそのあと一緒に探すのを手伝ってあげるというような、そういうさり気ない思い遣りを無邪気にできてしまうのがケルという少年の人間性で、ちょっと心が洗われる程だった。


・ポータル

IMG_1674
ポータルがスイッチで配信。ポータル2が大好きなのに所持ハードの問題で初代のポータルに手を出す事ができず、まぁ今の俺なら間違いなくハードを買ってるけど当時は学生でお金が貴重だった俺にそんな選択肢はなく、結局指を咥えたまま10年以上経ってしまったが、ついにスイッチに移植されたことで念願のポータルを遊ぶ事ができました。
とは言え思うところがあるが、ポータル2で後述。

「無機質なパズルゲームだと思っていたら実はその裏に大きな陰謀が渦巻くエキサイティングなストーリーと世界が広がっていた」という仕掛けは当時のゲームでは珍しい取り組みだろうし、斬新さに加えてそれはゲームの世界のリアリティとエンタメの楽しさを両方引き出す素晴らしいアイディアだから、このゲームが名作として評価されるのは当然だね。


・ポータル2

IMG_1675
ポータル2もスイッチで配信中です。ポータル2は本当に最高のゲームなんだけど、この2があまりにも面白すぎたせいで、せっかく10年ぶりの念願として遊ぶ事ができた初代ポータルでは大した感動が得られなかった。
過去作品を順当にパワーアップさせた続編を作ってしまうとオリジナル作品の存在感がどんどん薄れたものになってしまうから、シリーズ作品は難しいところがあるよな。
オリジナル作品にはそれ以後のシリーズ作には決して宿らない新しい事をやったという揺るぎない価値があるから、初代ポータルが偉大なゲームであることは間違いないけど。
ある意味で、全く何も知らない状態でパワーアップしたポータルを遊ぶことができた俺は、幸せだったのかも知れないね。


・ジャーニートゥザサベージプラネット

IMG_1676
PS+エクストラ以上で配信中。オープンワールドだけど8時間もあれば終わるが、その8時間に面白さがギュっと詰まっている。
オープンワールドにありがちなボリューム感を出すための惰性がなく、充分な自由度や探索を味わいながらも中弛みのない勢いのあるスペクタクルな展開を楽しめる。とても面白かった。おススメです。


・呪詛

IMG_1678
ネットフリックス。台湾で話題になったホラー映画。
怖くはないけど、「リング」と「パラノーマルアクティビティ」を合体させたような最新の呪いの◯◯は良いアイディアだなと思った。


・牛首村

IMG_1684
犬鳴村、樹海村に続く恐怖の村シリーズ第三弾。
ホラーとして面白かったし、双子をテーマにしたストーリーも良かった。このシリーズは完成度高いね。


・ベターコールソウル

IMG_1685
ベターコールソウルの最終シーズン、第二幕。
いやー、衝撃的な幕開けでした。出し惜しみを全くしない。こんな展開にしてこれからどうするんだろうね。


・ウィリーズワンダーランド

IMG_1680
怪異に襲われようが危険な場所だから逃げろと言われようが、言い付け通りにきっちり掃除をこなしながら、襲いかかってくる敵をギタギタに叩きのめす無口なニコラスケイジがカッコ可愛かった。


・私はあなたの瞳の林檎 舞城王太郎

IMG_1681
ものすごく久しぶりに小説を読んでる。と言うより、俺は基本的にこの人の小説しか読まないので、久しぶりに舞城王太郎の文章を見てる。
いつ以来だろ。数年とか、それぐらいぶりかもしれない。なんとなく舞城成分を補給したいなと思って、買ったきりで全然ページを捲ってなかった積み本を引っ張り出してきた。
あぁ、この感覚懐かしい。やっぱり面倒くさいね、この人は。いちいち切実で実直な言葉を投げかけてくるので読んでいて疲れてしまう。
もっと表面的な言葉で取り繕ったり、曖昧な善良さで誤魔化してくれたら楽なのに、どこまでも深いところを抉り出して真っ直ぐで正直な向き合い方を求めようとしてくるんだよな。
まぁグサッと来るよ、いちいちね。もっと楽に適当に騙し騙し生きたって良いじゃんって思う。
でも、人生にはどこかで誤魔化しの効かない本気で取り組まなければいけない瞬間というものがあり、そういう時にこの人の考え方は正しさに近いので、大事な事だなと思った。


・短篇七芒星 舞城王太郎

FullSizeRender
結局のところこの人の文章が面倒くさいのは、本気で物事を見つめようとしているからなんだよな。
本気を出すのって、疲れるし、カッコ悪いし、面倒くさいし、難しい。だからこそ、その真剣さ、ひたむきさ、本物の行動に、心を動かされる。
舞城王太郎は、決して曖昧な言葉で誤摩化さない。決して上辺だけの善良さで取り繕わない。舞城は、ひたすらに愚直で、ひたすらに熾烈で、ひたすらに切実に、物語を紡いでいる。そしてその裏にはとてつもないありったけの人間愛が溢れている。
短篇の一つである「代替」、素晴らしかった。舞城の本物の人間愛に、感動した。


・ヤクルトスワローズ

IMG_1682
コロナの影響で一軍の選手が15人も一挙にいなくなり、一軍の登録人数は最大で29人だから50%を超える人材が一気に戦力として数えられなくなったわけでこれは大変な事なんだけど、実のところ俺は最近まで楽観視しており、こういう時は代わりに2軍から上がってきた選手がここぞとばかりに活躍してチームの窮地を救ってくれるもんだと根拠もなく青写真を描いていたけど、それは俺がただロマンチックなだけであって、世の中はそういうふんわりとした空気感だけで物事が成功する程甘いものではなく、結局選手の実力不足が露骨に結果に現れて連敗という悲しい現実が待っているのであった。
もうちょっとやってくれるだろうという期待感を持っていただけにガックリきたけど、野球は水もので意外な選手が意外な事を起こすものだから、これからも期待して見ていこうと思います。どんなに戦力が足りなくても3割は勝てるのが野球だから。
コロナのせいで優勝逃すなんて絶対にあってはならないよ本当に。