本当にずっと俺のターンだった



・遊戯王マスターデュエル

IMG_1089
紙のルールに完全対応した遊戯王のデジタルカードゲーム。プレイステーションやスイッチなどで配信開始。基本無料。
俺の中でバリアーを張っている基本無料の課金型ゲームだが、流石に遊戯王が遊べるとなったら無視できない。ソシャゲには絶対に手を出さないと誓った鉄の掟も、スマホでデュエルリンクスが出た時にあっさり破られた。
紙のカードゲームから離れてもう15年近く経っているが、子供の頃の遊びの中心が常に遊戯王だった俺としては未だにその存在は強く心の中に根付いている。
「思い出」って、怖いね。リンクスを始めたキッカケも、小さい頃からずっと近くにあった遊び、というだけで、そんな取るに足らない思い出は俺のソシャゲに対する頑固で偏見に満ちた強固なガードにあっさり弾かれると思ったのに、懐かしさという無垢な感情に抗えなかった。
マスターデュエルもあっさり心のバリアーを乗り越えたのであった。

始めてみた感想。当たり前だけど画面がデカイ。演出面から見てもデュエルリンクスと比較して迫力がある。カードもとても見やすく、カタログとして眺めてるだけで時間がどんどん過ぎていく。
音楽もめちゃくちゃ良い。RPGのラスボス戦かというくらい壮大な音楽が心をくすぐるだけでなく、ピンチの場面や特定のモンスターを場に出した時は音楽が変わるなどの工夫も凝らされている。
遊戯王と全然関係ないことばかり言ってるけど、デュエルリンクスと比較して一番初めに思ったのが、ルールやカードプールの違いでもなく、大画面で遊戯王を遊ぶのが楽しいということ。
画面に向き合って、大きなサイズでゲームが映し出されるというそれだけで楽しさが何倍にも増している。これは遊戯王に限らずだけど、やっぱりゲームは腰を据えて遊んでこそ真価を発揮するんだなと改めて思った。
小さなスマホを持って寝転びながら操作するのは確かに楽だけど、楽しみたいという目的でゲームをするなら腰を据えて遊ぶに限る。

遊戯王について。紙のカードから離れて15年近く経っているので本格的なルールの遊戯王を遊ぶのは本当に久しぶり。デュエルリンクスはやってるけど、あれはルール的には別物に近い。
とりあえず適当にデッキを作ってオンラインで対人戦に飛び込んだら相手が5分くらい一人でずっとカードを出したり戻したりしていて俺のターンが回ってくる頃には場の全てにモンスターカードが埋まる事態となっており、いざ自分のターンになってカードを出そうとするとその度によく分からない事が起きて出したカードは無となって消え去り何が何だか分からないまま負けたという試合が5回くらい続いた。

遊戯王のゲームとしての最大の特徴は、「マナ」という概念が無いこと。殆どのカードゲームはマナのようなエネルギーを消費することでカードを発動できて、そうやってプレイヤーが出来ることを制限することで秩序を保っている。
しかし遊戯王にはそういう制約が殆どなく、発動条件さえ満たしていればいくらでもカードを使う事ができる。しかも墓地から効果を発動できるカードも大量に存在するので、プレイヤーが1ターンの間に出来る事というのは無数にある。
その結果どうなるかと言うと、ひたすらカードを組み合わせてコンボを作り、盤面を強固に固めて一気に制圧するという戦法が主流となっている。
噂では聞いていたけど、実際に自分が受ける立場になってみるとえげつないね。まぁとにかくカード回しの時間が長い。相手のターンだけで余裕でカップラーメンを作れるレベル。1試合で3個は作れる。
しかし、これが遊戯王の魅力ではある。カードをひたすら繋げてコンボを作り続ける、というのはマナの概念がない遊戯王だからこそできる遊び方。罠カードとかで駆け引きしてチマチマとアドバンテージを競い合っていた昔の戦い方も懐かしくはあるけど、今の遊戯王の方がこのカードゲームのルールと強みを最大限に活かしたデザインがされているなと感じる。
いやね、実際に自分がやってみたら楽しいんですわ、本当に。覚えるのは大変だけど、上手くカード回しが出来ると気持ち良くて仕方ない。これは異常な中毒性がある。
今や遊戯王はその境地に行き着くところまで行き着いているので、インフレがとんでもないことになっているけど、パワーにはパワーで返すという理不尽と不条理に満ちた破天荒すぎる展開が楽しい。
自分の使っているデッキ以外は全くカードを把握してないので相手がやってることは訳が分からないけど、「え?そんな事ができるの?」「そんな効果ズルすぎるじゃん」とアニメのキャラのようなピュアな気持ちで反応できるから今のところはそこまでストレスはない。ただ眺めてる時間が長すぎるからそこは辛いけどね。

ちなみに俺が使ってるデッキは、「サンダードラゴン」「帝」「オルターガイスト」です。課金してないけどデッキ3つくらいなら余裕で作れます。
1万枚も収録されているカードをどうやって集めさせるのかと思ったら、パックから特定のカードを引くとそのカテゴリーが集まった特別なパックが出現するというのはやり方として上手いなと思った。

とにかく久しぶりなので全てが新鮮で、必須カードも全く分からないし、こういうカードが強いのかと戦いながら知識を得ていく手探りな感じで遊戯王を遊べるのが凄く楽しい。
あと、フレンドが一緒に遊んでくれるので、それも大きい。デュエルリンクスは殆ど一人で孤独にやってることもあって惰性の域を出ないけど、マスターデュエルはちゃんと楽しんでる。
配信から1週間足らずで既にプレイ時間が50時間を突破しているほどめちゃくちゃハマっているが、やめ時がないからオンラインゲームは困る。
これから大量の新作が登場するのにこのままだと全ての時間を遊戯王に吸い取られるので、流石にちょっと向き合い方を考えないとね。


・マーベル ガーディアンズオブギャラクシー

IMG_1090
ガーディアンズオブギャラクシーのゲーム版。
賑やかなキャラがワイワイしているのがこのシリーズの特徴だけど、ゲーム中でも本当によく喋る。しかもずっと喋っているのに全く同じ事を言わないのだから凄い。日本で売れないことは分かりきっているだろうに吹き替え対応してくれているのも有り難い。主人公の声は違和感あるけど。
アクションなどを含めたゲームプレイの部分は単調だけど、演出や見せ方がとても凝っていてプレイヤーを飽きさせない。ストーリーゲームとしてはかなり楽しめる作り。
とても好印象だが、マスターデュエルのせいで完全にストップしてる。


ライフイズストレンジ2

IMG_1091
ストーリーをなぞるアドベンチャーゲーム。事件をキッカケに弟を連れて放浪するという設定のストーリー。
まだ序盤だけど物乞いしたりボロ小屋に籠ったりゴミ箱から拾ってきた食べ物で凌いだりと本当に浮浪者に近い状態で、しかもやたらと現実感のある世界の中で見せてくるので、気分が上がるような内容ではない。これを題材にしてゲームを作るのは中々勇気がいることだと思う。
それだけ細かい描写に拘って作られているのでストーリーは期待できそう。まぁ警察に捕まるよりも逃げ続けることを選ぶという判断は無鉄砲すぎるんじゃないかと日本人の俺からすれば思うけど、アメリカ人ならこれぐらいの行動力はあるのかもしれない。
面白いけど、マスターデュエルのせいでストップ中。


・Deep rock galactic

IMG_1092
現在プレイステーション+で無料配信中のアクションゲーム。巨大な洞窟の中で活動し、目的を達成する。
4種類のキャラの個性が明確で役割分担が必須。協力ゲームとしてはかなり面白くて一時期ずっとやってたけど、マスターデュエルのせいで停止中。


・スパイダーマン ノーウェイホーム

IMG_1093
スパイダーマンの最新作。マーベルキャラのコラボの次は過去のスパイダーマンシリーズのヴィランを集結させようという相変わらずのお祭り思考で、ファンを喜ばせようという姿勢は素晴らしいがそんなやり方で筋の通ったストーリーを作れるのかと思いながらも無理なクロスオーバーをそこまで違和感なく落とし込んで来たのがマーベルであり、今回もそれなりに自然なストーリーの流れとしてスパイダーマンシリーズの同窓会を成功させていた。
まぁ異なる次元と交差するというマルチバースの仕組み自体が突拍子もないけど、ドクターストレンジならそんな事ができちゃうかもねという謎の説得力があり、ここら辺がクロスオーバーを前提としている作品の強みではある。多少無理なストーリー設定でも他のヒーローを飛び道具として使えばゴリ押しできる。
そしてそんな破天荒なストーリーを、最終的にはヒーローとしての在り方を描いた素晴らしい物語として結実させてしまうのだから凄い。
ホームカミング、ファーフロムホームから続くピーターパーカーの成長、マーベルキャラとのコラボ、過去のヴィランの登場、大いなる力には大いなる責任が伴うというスパイダーマンシリーズの根幹にあるヒーロー像、それら全てを一つの作品の中に全部押し込んでしかも高いレベルでまとまっているのだから驚異という他ない。
ただファンが見たいものを見せて喜ばせるだけでなく、見たくないであろうことも取り入れる事によって傑作となった。見事な最終作でした。


・キャラクター

IMG_1094
凄惨な殺人現場を目撃した売れない漫画家が、そのイメージをモチーフに漫画を描いたら大ヒット。一方で殺人鬼はまだ世にのさばっていた。というストーリー。
スリリングだし、キャラが良いし、ストーリーも短絡的じゃない。終わり方も凝っていて、「キャラクターは伝染する」というこの映画のテーマを的確に現している。とても面白かった。


・となりの精神科医

IMG_1095
アップルTV+。全部見た。気弱で金持ちな男が腹黒い精神科医と出会って人生が変わるというストーリー。
誰が見ても気付くレベルで端折られていてあまりにも唐突だった。主人公が自分にとって大切だった存在を次から次へと捨てていく様が心苦しくて見てられなかったので早く最終話来てくれと思っていたのは事実だけど、これはない。おかげで最後のカタルシスは大分弱かった。
まぁでも、救いのある終わり方で良かったなとホッとしてる。