にっき



・月姫 A piece of blue glass moon

IMG_0746
今まで色んなテキストアドベンチャーをやってきたけど、俺が知ってる同ジャンルの常識を遥かに超える絵の枚数に圧倒された。
動き自体は殆どない紙芝居でありながら、まるでアニメかというぐらい場面に合わせて細かく絵が切り替わる。しかも一枚一枚のクオリティが尋常では無いので下手なムービーよりもよっぽど迫力があった。
低予算・必要最低限が当たり前のこのジャンルだが、ここまで出来るのかと唸らされるビジュアルの作り込みには感動しきり。CERO:Zレーティングのギリギリを突いたとんでもない描写も多々あり、表現面でも相当な拘りを感じ取れる。
思い切った予算をかけて作られていることは目に見えて分かるが、ここまで出来るのはファンがきっと付いてきてくれるという信頼を持っているのと、彼らの想いに応えるんだという矜持があるからだろう。
最近の俺はテキストゲームに関してはスイッチの携帯モードを利用して手軽に遊ぶ習慣が身に付いてしまったけど、これは大画面でプレイしないと申し訳ないと思うレベル。
別に月姫のファンでもなく今回が初見プレイだけど、限界を超えようというくらい作り込まれたゲームを遊ぶのは、本当に気持ちが良い。

ストーリーは、アクションもファンタジーもハーレムもモラトリアムも何でもござれ。
ただ、キャラが好きになれないと入りにくい雰囲気がある。そして俺は、あんまりこのゲームのキャラクターに興味が持てないのであった。
正直好きなタイプのストーリーでは無いけど、とにかくビジュアルノベルとしてのクオリティがズバ抜けているので、それだけでも大満足。


・遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!

IMG_0747
遊戯王の新ジャンル、ラッシュデュエル!
全く新しいルール、カードでまた遊戯王を新鮮な気持ちで遊べる!それって最高だよね!
でも流石に紙のカードはハードルが高い・・・カード集めるのお金かかるし、一緒にやってくれる人もいないし、何よりコロナで対面環境は難しいし・・・
なんて問題もゲームなら全て解決!カードも対戦相手もルール管理も全部ゲーム側が用意してくれる!ラッシュデュエルをやりたいならこれを逃す手はない!

というわけで、一通りやってみた。アニメを見てることもあるけど、ルールは一瞬で把握できた。何これめちゃくちゃ簡単じゃん。遊戯王とは思えないんですけど。
同じ遊戯王でもデュエルモンスターズの方はあり得ないほど複雑怪奇で、俺も未だに理解していないルールが沢山ある。
リンクスをやりながら、何でこんな動きになるの?と疑問に思う事は日常茶飯事。そうやって簡単にはプレイヤーに支配されない底知れぬ未知の宇宙が常に渦巻いているのが遊戯王の面白いところではあるけどね。

しかしラッシュデュエル、ルールは分かったが考え方の軸が分からない。カードを選ぶとき、使用するとき、捨てるとき、何を基盤として取捨選択すれば良いのかよく分からん。
通常の遊戯王は、如何にして相手とカードの枚数の差を付けるか、というアドバンテージを重視してカードを選択するのが基本的に正解(例外は無数にある)だったが、ラッシュデュエルはターン初めに手札5枚になるまでドローできるというとてつもない供給源があるので、あんまり枚数差を付けることに意味を感じない。
むしろカードを消費するほど引けるから、どんどん使ってどんどんデッキを回転させるのが勝利への近道な気がする。
まぁ当然、消費が手軽なカードほど状況打開力が弱いから、条件が整わないと出せないけど強力なパラメーター・能力を備えているというカードを入れる必要があるんだけど、そこら辺のさじ加減が難しいし、わわそれを考えるのが楽しい。
いやー、ルールはシンプルだけど、かなりしっかり調整されてるよラッシュデュエル。

ただ、ゲームの中身が酷い。あまりにもロードが長い。あまりにも敵の思考時間が長い。あまりにも操作性が悪い。相手が長考している間にカードの効果を確認くらいさせてくれ。
ラッシュデュエルはデュエルモンスターズに負けないくらいカードゲームとしての面白さがあるけど、あまりにも動作が貧弱すぎる。
デュエルリンクスの優秀なゲームスピード、操作性に慣れてしまっているからこそ、余計にこのテンポには耐えられない。
嫌になって最近やってなかったけど、少し前にアップデート来たから、それで少しは改善されたのだろうか。


・クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園

IMG_0748
クレしんはやっぱスゲぇや。お得意の家族愛を武器にせず、5歳児のしんちゃんにはちょっと早い「青春」をテーマにしてこのレベルの内容に仕上げてしまうんだから恐れ入る。

メッセージ性は強いが、しんちゃんはマイペース。そのバランス感覚が、クレしん映画は良い。色んな青春の味が詰まった傑作。



・オールド

IMG_0752
映画館で観る予告って、いつもの10倍くらい面白そうに見えませんか?僕は見えます。
最近それなりに劇場で映画を観ているけど、その度にこの「オールド」という映画の予告が流れていて、やたらと目に付いた。
とあるビーチに入った途端、急速な加齢が発生し、登場人物がどんどん老けていくという設定で、「一生が、一日で終わる」とキャッチコピーが印象的だった。

そういうわけで、クレしんと一緒に観てきた。シチュエーションスリラーとしては予告以上の驚きが無くて拍子抜けしたけど、それ以外では見所があり、年を取るという要素は良い感じの人間ドラマを生み出していたし、老いに対する哀愁がチクチク伝わってくる。
老人となってしまった夫婦が、顔を近付けて、耳元で大きな声で語り合うシーンが、やけに印象に残った。


・エイリアン3

IMG_0750
初代と同じく登場するエイリアンは一体のみ。エイリアンが実は打たれ弱い事が2で判明したが、囚人の収容所ということもあって今回は手元にまともな装備がない。
という原点回帰した設定で繰り広げられるエイリアン3。やっぱりこのシチュエーションは面白いし、個性的な囚人と協力しながら立ち向かうという展開も熱いけど、ドッグエイリアンのデザインがあんまりカッコ良くない。


・エイリアン4

IMG_0751
エイリアンを隔離してたら金属を溶かす酸の血液をぶち撒かれて突破されるという、4作目にも関わらず相変わらずの初見殺しにまんまと引っかかっているエイリアン研究施設の杜撰さに苦笑いしか出ないけど、今作のエイリアンはカッコ良かったから別に気にならなかった。
最後になんか人間っぽいエイリアンが出て来るけど、こいつの死に様は一見の価値がある。