にっき



・ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者

IMG_0547
ファミコン探偵倶楽部のリメイク作品。テキストアドベンチャーゲーム。
はぁ〜、めんどくさい。もう本当に嫌だこれ。何度も何度も何度も何度も選択肢を選び直してクリッククリッククリック。キーワードとなる言葉を選んで相手にぶつけ、それに応じた会話からストーリーが進んでいくという形式だが、これが本当に面倒くさい。話に脈絡がないから。
例えば、目の前の医者が主人公の着ているものが似合っていないと言い放ったことがキッカケで、そういえば自分の着ているTシャツをくれたAさんに久しぶりに会いに行ってみようと思い立って、ようやくその人のマンションに行けるようになるとか、そんな突拍子のない流れでフラグが立ってゲームが進行することが多いので、真面目に筋が通った会話を作るために選択肢を選ぼうとか、話の展開を推理して選択肢を選ぼうとか考えるだけ無駄。結局ひたすら思考停止で選択肢をクリックするだけの作業になる。
しかも一回の会話だけでは全てを喋ってくれず、同じ選択肢を選び直さないと会話が進まないとかザラにあってウンザリする。全てのポイントとキーワードを総当たりしても話が進まなくて、何がダメなんだとヤケクソにボタンを連打していたら少し前に選んだ選択肢で新たな会話が始まってストーリーが進むとかね。嫌がらせかよ。
操作性も最悪。カーソル選択を酷使するゲームなのに、一番上の選択肢から上を押しても一番下にカーソルが下がったりはしない。逆も然り。きっちり十字キーを押し続けて選択肢を選ぶ必要がある。あり得ない。おまけにカーソルの感度も引っかかりがあって心地良くない。もっと滑らかに動け。
そして俺が最も言いたいのは、選択肢に対する反応が全く面白くないこと。無反応、取って付けた返答、虚無なやり取り。それが大半を占める。
同じくアドベンチャーゲームである逆転裁判やEVEもクリックが多いゲームだったが、キャラの反応が一々面白くて、それが面倒くさいという感情を和らげてくれた。このゲームの煩わしさはその2つを遥かに凌駕するにも関わらず、それに対するプレイヤーへのフォローが全くない。ただ面倒くさいことを押し付けるだけ。
確かにこのシステムは無意味ではない。ゲームしてる感とライブ感を作っている。選択肢によって状況が移り変わっていくという生の感覚があり、それはつまるところ臨場感でもある。ただ面倒くさいだけではなく、きちんと意図と効果のあるシステムなのは間違いない。だから否定はできない。
でも、工夫できるところは工夫してほしい。選択肢に対する反応の素っ気なさは手抜きにしか見えないし、カーソルの仕様に至っては理解不能。別にそれによってコンセプトが壊れるようなこともないだろう。
どれだけ高尚な思想があっても、プレイヤーに理解させよう、楽しませようという努力がなかったら、ただ面倒くさいと言われるだけ。このゲームはやりたい事に対する努力が全くない。ただ押し付けて終わり。その押し付けに突き抜けた魅力があるなら話は別だが、そうでもないし、面倒くさいという悪い印象しか残らなかった。
リメイクの驕りというか、とにかく原作に忠実にというところに拘ってこのような内容にしているのかも知れないけど、変えるべきところは変えて貰わないと困る。改良する気がないならオリジナル版をそのままやれば良いだけの話。

一方で映像のクオリティは上々。アドベンチャーゲームとは思えないほど映像が良く動き、当然のようにフルボイスで、流石に任天堂なだけあってきちんと予算をかけて作られている。その作り込みをインターフェースとテキスト部分に少しでも割けよと言いたいが。
ストーリーはテンポが悪すぎて頭に入ってこないけど、今のところあまり面白くない寄り。
とりあえず最後まではやるけど、同時発売された「後ろに立つ少女」を買う気はなくなった。


・サブノーティカ ビロウゼロ

IMG_0548
PS5版がお店に売ってなかった。でもどうせバージョンアップ出来るんだし、と思ってPS4のパッケージを買った。
しかしディスクをPS5に入れてもPS4版のままアップグレードされなかった。ストアも見たがアップグレードツールが配信されているわけでもない。
バイオ8も安いからPS4版を買ったけど、インストールの途中でアップグレードされてちゃんとPS5版として遊べたんだよな。同じことがサブノーティカでは起こらない。何回かインストールし直してみたが改善なし。
ネットとかで調べても、ただでさえ日本ではマイナーゲームで購入者が少ないのに、わざわざこのゲームをPS4版で購入してPS5のハードで起動するユーザーなんて殆ど存在しないからか、同様の報告が全くない。開発元にメールを送ったが返答もなし。
ということがあって、もの凄く楽しみにしていたゲームなのにやる気が出ない。前作のサブノーティカはセーブデータがハード毎で共有できないと聞くし、改善するまでPS4版を遊ぶというのも億劫。とりあえず様子見。


・リングフィットアドベンチャー

IMG_0549
リングフィットアドベンチャーで汗を流したあとにシャワーを浴びるのが世界で一番気持ちが良い事に気付いてから結構やってる。
地味にドラゴの台詞回しが毎回カッコいい。


・パスファインダー キングメーカー

IMG_0554
思わぬ形でサブノーティカが凍結されたので、気になってたパスファインダーを購入。まだ未プレイ。
勝手なイメージで、ディビニティに国作りシミュレーションを加えたゲームだと思ってるけど、合ってるかな。国作りをRPGにガッツリ絡めたゲームってあんまり無いからやりたかったんだよね。
時間制限が多いらしいけど、俺はあんまりダラダラとゲームをやりたくないからちょうど良い。ある程度切羽詰まっていた方がやる気が出る。


・悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア

IMG_0550
ネットフリックス。新シーズンが来る度に全話見直しているほど好きなアニメ。
最終シーズンとなる今回はバトルがメインでストーリーはあっさり風味だが、シーズン3までにしっかりバックボーンを描いていたから、それぞれのキャラの結末に納得できた。


・逃亡者

IMG_0551
ハリソンフォードが逃げまくる話。最初は髭もじゃで誰だよこいつと思ったけど、剃ったら間違いなくハリソンフォードだった。
ハリソンフォードよりもキャラが立ってるのが執拗に追跡してくるトミーリージョーンズ。執念深いし、有能だし、行動力があるし、かなりの難敵。手強いライバルキャラというのはそれだけで魅力がある。


・ラブ&モンスターズ

IMG_0553
多くの生物がモンスター化し、世紀末となった世界で頑張る話。
いやー、こういうゲームやりてぇなぁ。巨大なクリーチャーというのは本当にワクワクする。それが全くのファンタジーではなく現代をモチーフにした世界(世紀末だが)に出て来るという組み合わせがとても俺の好み。
言ってみればフォールアウトだけど、あのゲームも戦闘はあまり面白くないからなぁ。どこでも良いから戦闘とモンスターに究極に拘ってオープンワールドゲームを作ってみて欲しいよ。


・暗黒と神秘の骨

IMG_0552
ネットフリックス。全部見た。
ファンタジードラマって全く設定が頭に入って来ないからあまり見ないけど、これは巨大な暗黒の領域が大陸を真っ二つに隔てているというとても分かりやすい設定があって、それを軸にストーリーが展開されるからすんなり理解できて楽しめた。
細かい描写も効いていて、人間模様が驚くほど濃厚なのも良かったが、終盤のまとめ方はあんまり好きじゃなかった。


・ゴジラS.P シンギュラポイント

IMG_0555
ゴジラの新作アニメ。8話まで見た。
ついにゴジラ登場。ストーリーはよく分からないけど、相変わらず面白い。