雑感ぐらいしかない



・Getsu Fumaden Undying Moon(スイッチ)

IMG_0506
繊細かつ滑らかで華やかな映像の動き。PVを見ただけで自信満々のゲームであることが伝わってくる。月風魔伝の新作。実に34年ぶりとのこと。
最近コナミはコンシューマーに対する熱意を取り戻しつつあるが、同じく古いシリーズである「魂斗羅」を低予算で作っていたのとは明らかにレベルが違う気合を感じる。
ジャンルはスクロール形式のローグヴァニアということで、要するにコナミの看板タイトルである悪魔城ドラキュラに近い内容になりそうだね。タイトルは違うけど、クオリティは申し分なさそうだし、ドラキュラ好きの俺としては嬉しい限り。
2022年発売予定。


・エッジオブエタニティ(PS5、PS4)

IMG_0509
日本のRPGに影響を受けたというゲーム。キャラデザ、ゲームシステム、世界観、インターフェース、タイトルに至るまで、日本のRPGっぽい雰囲気がそこかしこに見受けられる。何とかオブエタニティなんてタイトルは確かに日本のゲームくらいしかお目にかかれない。
意外と規模が大きいゲームで、映像は綺麗だし、スケールもある。今となっては日本のRPGは中堅規模のタイトルすら少ないので、リソースが注ぎ込まれたジャパニーズスタイルのRPGとして気になる。
ただし日本での発売は未定。


・真流行り神3(PS4、スイッチ)

IMG_0510
都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーゲーム。随分と間が空いたが、久しぶりに新作を出すらしい。
2は面白かったから期待。
7月29日発売予定。


・エイリアン ファイアチーム(PS5、PS4)

IMG_0511
エイリアンを題材にしたシューティングゲーム。
協力をメインにしたTPSということで、方向性としては映画のエイリアン2のような大量のゼノモーフを薙ぎ払うタイプのゲームになりそう。
たった一体のエイリアンを強大な存在として描いていた初代エイリアンが好きな俺としては、そっちのコンセプトでの新作を作って欲しい気持ちが強いが、エイリアンはエイリアンでとても魅力的なクリーチャーなのでアクションゲームとして映えるのは間違いなし。相手がエイリアンというだけで沸き立つものがある。
エイリアン2も方向性が初代と違うだけで凄く面白い映画だったしね。
今夏発売予定。


・abandoned(PS5)

IMG_0512
リアル重視のサバイバルゲーム。映像もリアル。面白そうだけど、これ日本で出してくれるのかなぁ。
2021年発売予定。


・月姫 A piece of blue glass moon(PS4、スイッチ)

IMG_0513
有名な同人ゲーム。コンシューマーでは初展開らしい。
名の知れたゲームは出来るだけやりたい。
8月26日発売予定。


・ソルクレスタ(PS4、スイッチ)

IMG_0514
少し前からプラチナゲームズは自社販売でゲームを作るようになった。
自社で作れる最大のメリットは好きなゲームを企画して好きなように作れることだと思うけど、何を作ってるのかと思ったらやっぱり弾幕シューティングだった。
プラチナは本当に好きね、このジャンル。ベヨネッタや101やニーアなど、プラチナの色んなゲームで突発的に弾幕シューティングが紛れ込んできたけど、いよいよ本格的にこのジャンルをゲーム丸ごと一本として作るらしい。
あまり興味のあるジャンルではないが、プラチナだから気になる。
2021年発売予定。


・新すばらしきこのせかい(PS4、スイッチ)

IMG_0515
今年気になるゲーム、その1。14年ぶりとなるすばらしきこのせかいの新作。もちろん買います。
7月27日発売予定。


・ハデス(スイッチ)

IMG_0516
今年気になるゲーム、その2。極めて評価の高いハクスラアクションゲーム。
ようやく日本での発売日が決まったけど、タイミングが悪すぎる。
6月24日発売予定。


・映画の話

『瞳の奥に』

IMG_0517
ネットフリックス。全部見た。
うーん、驚き。ラストはビックリしました。ビックリしたところに更に畳み掛けてきて凄かったです。
しかもその最後の仕掛けによって、今まで粗に見えていたストーリーの部分がきっちり意味の通る内容に変換されるのだからちゃんと考えられてる。


『すばらしきこのせかい The Animetion』

IMG_0519
現在放送中のすばらしきこのせかいのアニメ。ゲームのストーリーをそのままアニメ化してるっぽい。
面白くはなかった。ゲームのストーリーはゲームを通して見るべきだなと思いました。


『ゴジラ S.P シンギュラポイント』

IMG_0518
現在放送中のゴジラのアニメ。4話まで見た。
相変わらずゴジラが全く出てこないけど、面白い。