面倒くさい、をやめたい



IMG_0316
こんばんわ、やたさんです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
相変わらずコロナの野郎が猛威を奮っていて、都市部では再度の緊急事態宣言により外出が制限されて、ストレスですよね。
ちなみに俺は緊急事態宣言に関わらず常に自主的に外出を自粛しているインドア人間ですが、数少ない外出の機会だった出社がコロナの影響で無くなって完全な内勤状態になり、家から出ない生活に拍車がかかっている。
内勤は基本的には都合が良いことが多い。通勤の時間が無くなることで起きる時間に余裕が持てたり仕事が終わった3秒後にはコントローラーを握れるし、会社の面倒くさい人間とやり取りする機会も劇的に減ったし、何より野球を見ながら仕事ができる。そこまで仕事の効率も変わらないし、会社って何だったんだろうって本気で思う。
ただ、俺はキチッと自制できる人間ではないので、楽な環境に浸かってしまうと自分のレベルもそこに合わせてしまう。具体的に言うと、内勤になってから「面倒くさいことをなるべくせず、楽をしたい」という感情が大きくなってしまった。
出勤していた頃より明らかにストレスになるタスクは減ったはずなのに、何故か気分が落ち込んでいることが多い。コロナの前の方が明らかに俺は明るく、元気だったなと感じる。
朝早く起きて、身繕いして、外に出て、陽の光を浴びて、他の人と直接やり取りをする、というサイクルは、精神的にも、肉体的にも、健やかに生活するために必要な要素だったんだなと思う。
この「面倒くさい」という感情は、自分の好きなものに対してまで浸食してきているので、流石にこのままではいけないと危機感を持った。
だけど毎日散歩したり、筋トレするのは面倒くさいし・・・。という感じで、何かをやろうとしてもどうしても面倒くさいという感情が収まらないので、俺の習慣になっているもの、つまるところ、「ゲーム」と「ブログ」の力を借りることにした。

と、いうわけで、Switchのリングフィットアドベンチャーを購入しました。
そう、やっぱりゲームですよ。俺はどんなに興味のないものでもゲームでコーティングされていればモチベーションを抱くことができる。外に出にくい状況でもあるし、こういう時こそ、ゲームが力を発揮するよね。
リングフィットアドベンチャーは、モーションコントロールを利用してフィットネスするゲーム。
他のフィットネスゲームとの大きな違いは、ゲームの楽しさを重視して作られていること。wii fitやボクシングトレーナーなど、健康志向のゲームは結構あるけど、内容はミニゲームの反復が多く、ゲームとしてはすぐに底が見えた。
しかし、リングフィットアドベンチャーはまずストーリーがある。バトルがある。そしてゴールもある。そういうゲームのテンプレートにフィットネスの要素を落とし込んだ、という内容なので、ゲームとしての楽しさを優先したい俺にとっては打って付け。
そうは言っても俺は本当に飽きやすい人間なので、単純にやるだけではすぐにやめてしまう可能性が高い。
なのでブログの力も借りる。ブログで定期的にリングフィットアドベンチャーの日記を更新していきます。皆さん、俺が途中でやめないように見張っていて下さい。
とりあえず、ストーリーモードのクリアーまでは絶対にやり遂げます!!!・・・ごめん、やっぱり絶対はなしで。たぶん、きっと、おそらく、できれば、可能なかぎり。
いや、やっぱり。絶対、絶対。絶対やります。クリアーまではやります。逃げ道を残しちゃダメだよな。
ストーリーモードのボリュームは50時間近くあると聞くので、毎日30分くらいやるとして、単純計算で3ヶ月以上は時間がかかりそう。

ちなみに、今週からようやくゲームも気になる新作が出始める。とりあえずサムライジャックを買いました。来週はゴーストランナー、うみねこ、バディミッション、ディスガイア。
外出もそうだけど、新作ゲームを買って遊ぶという行為も俺にとっては大きな活力になる。
最近はゲームもブログもやる気が出ずに部屋の隅っこでポチポチとデュエルリンクスばかりやってたけど、ここからはゲームをいっぱい買って、遊んで、運動もして、ブログも更新して、積極的になっていこう。