最後じゃない



IMG_2621

FF7リメイクのプラチナトロフィーを獲得しました。
一番時間がかかったのはやはりハードモードでのストーリークリアーだけど、難易度的にはそこまででもなかった。
敵の能力大幅向上、アイテム禁止、箱以外のMP回復無し、という中での攻略を求められるが、ヘルハウス戦で2回全滅しただけでラスボスを除けばあまり苦労しなかった。ラスボスの連戦はめちゃくちゃキツかったけどね。
バトルシミュレーターで裏ボス的な敵とも戦えるけど、それも弱かったし、あんまり達成感が無い。このゲームのやり込みのメインはバトルにあるのだから、もっと強い敵を出してくれても良いのにと思った。

正直、FF7リメイクはやり込みが楽しいというゲームでは無いと思う。難易度の話は置いといて、性質的に押し付けてくるタイプのゲームだから。
戦闘も育成も寄り道も徹底的に制御されてるのでプレイヤーが取れる行動の幅が狭く、やらされている感がかなり強い。やり込みは能動的なものなので、こういうゲームはクリアーしたあと急激に魅力が失われる。
でも、俺はとても楽しみながらプラチナトロフィーを取るまで遊ぶことができた。単純にFF7リメイクの世界の中にいることが楽しくて仕方なかったから。
確かに戦略の幅は狭いし、ストーリーの分岐も殆ど無いし、遊びの余地も少ない。周回する意味はあまりないゲームだけど、そんなこと関係なしに、まだまだクラウド達と離れたくない、もっとこの世界にいたいという気持ちが収まらなかった。
FFは今作に限らずとても押し付けがましいゲームだが、それは決して悪いことじゃない。それによってダイナミックでテンポの良い白熱したストーリー体験と魅力的なキャラクターを演出することが出来ているんだから。
本質的に物語とは一方的で押し付けがましいもの。FFの主軸はあくまでもストーリーであり、そのストーリーはキャラクターが動かす。だからFFはこれで良い。

これで長らく続いたFF7リメイクの雑記は終わり。
久しぶりに段階的な印象を記事にしてきたけど、勢いで書けるし、旬を逃さないし、良いなと思った。これからもやるかもしれない。FF語りたい病が発散できてアクセス数もめっちゃ増えて俺にとって良いことづくめでしたね。
ただ、これをやるといつもの感想を書く気が無くなるけど。

本当はまだFF7リメイクをやりたい気持ちが残ってる。
まだまだあの世界から離れたくない。クラフト達と一緒にいたい。
でも、ゴールがあって、気持ちの良い余韻に浸ったまま終わることができるのがRPGの良いところだよな。
それにFF7はこれで終わったわけじゃない。まだまだクラウド達の旅は続く。
今回の作り込みを見ると、ワールドマップが登場するであろう次回作もまたとんでもないスケールとクオリティで作ってくれると思わずにはいられない。

FFは、ロマン。夢は膨らむばかり。