踏み込む



image


・ブラッドボーン

現在、DLCの製作をしているらしい。やたさん歓喜。まだまだあの世界に浸りたかったけど、一通りやり尽くしたら中々モチベーションが上がらなかったので、新しいコンテンツを追加してくれるのは非常に有難い。
ブラッドボーンは凄いゲームであるが、リプレイ性が低いのは否めないからね。戦略の幅が広く遊び方を変えることで新鮮な気持ちで挑めたソウルシリーズは何周遊んでもモチベーションが冷めなかったのに対し、このゲームは盾や魔法が排除されていたり装備のバリエーションが偏っていたりとかなり限定的な部分が多く一辺倒なプレイスタイルになりがちなので、飽きは早かった。
ブラッドボーンはそれで良いんだけどね。あの死闘の臨場感は、徹底的に要素を取捨選択したからこそ生まれたものだから。無闇にアプローチを広げず、核となる一点のど真ん中に全てを注ぎ込む大胆さ。ボリュームや幅広い選択肢も確かに大事な事だが、無駄な肉付けをせず、方向性に合わせて徹底的に切り詰めて凝縮しなければ、生まれないものもある。盾が使えるとどうしても受け身な戦闘スタイルになるし、魔法や飛び道具があれば小細工じみた戦い方が成立してしまう。真正面からノーガードで攻めるという一点を貫いたからこそ、あの死闘感は意味のあるものになっている。攻めるという意識と死闘感がプレイヤーの本能を揺さぶり、獣のような野性味を駆り立てられた。
この昂りは、他のゲームでは決して味わえないオンリーワンの感動だった。どれだけ突き詰めて作っても、それが面白くなければ何の意味もないが、ブラッドボーンの死闘感は、間違いなくそれだけ踏み込む価値のあるものだった。
要するにブラッドボーンは、作り手がガチガチにチューンした世界観を楽しむという雰囲気ゲーに近いものがあり(そういう側面がありながらアクションRPGとしての奥深さもあるのがまたこのゲームの凄いところなのだが)、遊びの幅を狭めてリプレイ性が薄くなった分、初見の衝撃は凄まじいものがあった。とにかくこのゲームは最初の体験が重要だと思う。
だから、また新しいブラッドボーンのコンテンツが遊べるというのは本当に嬉しい。またあの衝撃が味わえるのかと。ダークソウルもダークソウル2もDLCの方がぶっちゃけ本編より出来が良いので、ブラッドボーンも期待が高まる。また血で血を洗う、容赦のない残酷な死闘を体験させて欲しい。


・ドラゴンクエスト8

ついにドラクエ8がリメイク。移植はスマホでとっくにされてるが、今回はハードが3DSなので7と同様中身を弄ってくるはず。リアル頭身だったあのグラフィックを3DSで再現出来るのか気になるところだが、追加要素が気になるので多分買う。
8月7日発売予定。


・ブラッドステイン

ドラキュラで有名な五十嵐氏による新作。開発費の支援を募るキックスターターで目標120万ドルのところ現時点で既に250万ドル集めたらしい。
タイトルは違うし主人公はドラキュラじゃないが、五十嵐氏は探索ドラキュラのゲームスタイルにとても強い思い入れを持っている人で、そういうゲームをまた作るためにコナミをやめて会社を立ち上げてスポンサーを募って・・・つまるところ、これは探索ドラキュラの新作と言って差し支えないだろう。クリエイターの魂を感じる。
俺は探索ドラキュラが大好きなので、絶対に買う。


・マイティ9

稲船氏がキックスターターで援助を募っていたスクロールアクションゲーム。というか、ロックマンだな。どう見ても。キャラの見た目もまんまだし。2年くらい前に発表されていたタイトルだが、ようやく発売出来る目処が立ったらしい。パッケージ版が出るというのはそそられるね。
キックスターター、開発会社、ジャンル、と、色々な面でマイティ9とブラッドステインは被ってるけど、発売までの期間も同じくらいになるのかな。ブラッドステインもあと2年は待たされそうだな。誰かさんのおかげで待つのは慣れてるけど。
9月18日発売予定。


・スターウォーズ バトルフロント

やっぱりスターウォーズは凄いSFだなぁ。もうずっと前の作品なのに、全然古く感じられないんだもんな。PVの映像を見て、これはやらなければならないって思った。オンラインメインのゲームなのに。オンライン対戦はもう飽き飽きしてるのに。
AT-ATのあのデカさ。Xウイングのあのスピード感。空母から無数のTIEウイングが発進されるあのスケール。そしてお馴染みのあのビーム音。はぁ。たまらん。ワクワクが止まらない。買うしかないでしょ。12月公開の新作映画も楽しみ。
11月発売予定。


・ネットハイ

非リア充らしい主人公がネットでリア充を名乗る連中の嘘を暴いて現実逃避するゲーム。その嘘の暴き方が、SNSなどで個人の情報を集めて特定するというもので、実にネットらしい陰湿さに満ちていて素晴らしい。
題材はともかく、中々面白いアイディアのゲームだ。こういうアイディアありきのゲームがコンシューマーでは本当に貴重になったからなぁ。久しぶりにVITAを動かすことになりそう。
2015年秋発売予定。


・よるのないくに

ガストの新作RPG。いつも通りキャラクター重視で、潔いまでに女の子を前面に押し出してる。デザインも迷いがないな。
中身はアクションRPGか。良く分からないけど。まぁ、RPG、新規タイトル、据え置き、この組み合わせの時点で購入確定なんですけどね。どういうゲームか分からないからこそ買う。
8月7日発売予定。


・魔女と百騎兵2

これ続編出すのかー。ストーリー以外は何の面白味もないゲームだったのに。 ストーリーありきのゲームで続編ってのは微妙だな。広がりのある設定でもなかったし、話は前作で綺麗に完結してた。キャラを一新するならともかく、続投ならあまり期待が持てない。
多分ハードはPS4だろうけど、前作で当初目論んでいたオープンワールドが実現したら、ゲームとしても面白くなるのだろうか。うーん、微妙だな。


・魔女と百騎兵 リバイバル

PS4でリメイク。本当に面倒くさいゲームで、ストーリーの為に頑張ったが、もう二度とやりたくないので俺は良いです。あの徒労感があったからこそ感動が引き立った気もするけど。
9月25日発売予定。


・アサシンクリード シンジケート

毎年恒例のアサシンクリード。前作は次世代機に合わせて作ったところパフォーマンスの面で色々と問題があったが、開発も熟れただろうし、今作はオフライン特化ということで、クオリティは問題なさそうである。
問題は中身だが、前作は形骸化されつつあったステルス性を出そうと頑張ってたし、その方向性が引き継がれているのであれば今作も気になる。


・ホットライン マイアミ コレクションエディション

見下ろし視点型アクション。PVを見る限り、アクション性がかなり高そう。難易度は高いらしいが、リトライは一瞬らしいので死にゲーとしても楽しめるっぽい。ストーリーもミステリアスで良い感じ。
そんな事よりも目を引くのは残虐表現だが、ドット表現なのでそれ程でも・・・なくないな。これはグロい。むしろドット表現だからこそここまで出来たって感じか。
6月25日発売予定。


・ゴッドオブウォー3 リマスター

ゲームで最も端的に凄さが分かるのは映像だが、ゲームオタクを何年も続けてるとグラフィックで驚くというのは少なくなってくる。
俺が最初に映像で衝撃を受けたのがドラクエ8。当時はあまりゲームを知らず、ドラクエとポケモンが俺の中のRPGの全てであり基準だったので、リアル頭身になったキャラクターとどこまでも広がるフィールドを見て軽く感動を覚えたものだった。
次に衝撃を受けたのがFF12。ムービーの美しさが俺の中の物差しを木っ端微塵に粉砕して、ゲームはここまで進化したのかとカルチャーショックを受けた。
しかし、本当の意味で衝撃を受けたのは間違いなく、このゴッドオブウォー3。この頃は完全にゲームオタクだった。色々なゲームを知っていた。それでも衝撃的だった。
何と言っても、最初の先制パンチが強烈。オリュンポス山がデカい。タイタンがデカい。ポセイドンがデカい。目に映るもの全てがデカい。デカすぎる。デカい、というのはすなわち凄いという事だ。大きい、という当たり前のスケールがここまで伝わってくるかと。
それを引き立てているのがカメラ。普通ならカメラを寄せた方がデカさが伝わってきて迫力がある。普通のゲームなら。だけど、このゲームは普通じゃない。このゲームはかなりカメラを引いた視点にしている。それでもなお伝わって来るほど、全てがデカい。デカさのスケールが他のゲームとは桁が違うわけだ。ハッタリではなく、等身大のスケールで全てが作られている。特にポセイドン戦は失禁するレベルで凄かった。
ただでさえ凄かったのにPS4でリマスターされたらもっと凄い事になるんじゃないかと興奮を覚えるが、このゲームの場合、グラフィックがハイクオリティなのは勿論だが、それよりも見せ方のセンスが抜けてるのが大きいので、少し綺麗になったくらいではそんなに変わらないかなという気はする。
7月16日発売予定。


・映画の話

『スターシップトゥルーパーズ』

“巨大生物が邪魔だったのでボコボコにしてやった”

金かけてるだけあって虫をモチーフにした巨大生物は迫力があった。群れのワラワラっぷりとか凄い。
わざとらしすぎる戦争賛歌も笑える。プロパガンダに見せかけて実はおちょくっているという構造は面白い。中々皮肉的で良かった。


・ヤクルトの話

連敗は止まったが波に乗れないな。波に乗るだけの力がないのかもな。去年は壊滅的に投手陣がダメだったが、今年は打者のレベルが低すぎる。昨年に比べると競り勝った試合が多く粘り強さが身に付いたように見えるが、実際はただ打てなくて接戦になってるだけ。
要するに少しでも点が取れるようになれば一気に勝てる気がするのだが、上がり目が見えない。打線は水物という格言はもはや信じられないし、最強の起爆剤だったバレンティンは復帰数時間で肉離れ(しかも手術が必要なくらい重症)という体たらくっぷりでどうせ今年はダメ。近いうちに新外国人を獲得するらしいが、NPBの二軍以下のレベルであるBCリーグでちょっと打ってるくらいの選手なんて正直期待が持てない。今が底ではあるんだろうが、昨年の猛打が戻ることはないだろな。昨年もどうでも良いところで打ってただけなんだけど。
たとえ打てるようになったとしても、今度はどうせ投手陣が打たれるんだろうなぁ。とネガティヴになってしまう。噛み合わないのはスワローズの伝統芸。今年の投手陣と昨年の野手陣が組み合わされば・・・と思わずにはいられない。世の中上手くいかないもんだね。