いつも通りもどかしいバイオ



image

PS4、PS3、XboxOne、Xbox360のアクションアドベンチャーゲーム。開発はカプコン。

リベレーションズ2か。サブタイトルのナンバリングって割と珍しいようなそうでもないような気がするが、今作は別にストーリーや舞台が前作と繋がっているわけではない。前作のリベレーションズは最近のバイオにしては珍しくホラーとして評価されたタイトルであり、今作もホラー重視という命題で作られたのがナンバリングの理由だろう。
しかし前作はそれほど怖くなかった。確かに近頃のナンバリングよりはホラーの雰囲気があったが、二人での潜入で緊張感が薄かったり、アクションが軽快だから楽に敵をやり過ごせたりと、ゲームデザインとして根幹からホラーを作ろうという意思は感じられず、閉鎖的な舞台と演出で表面的なホラーの雰囲気を作っているだけだなと感じた。
割と何回も言ってるけど、バイオの本質的な怖さはサバイバル部分にある、と思う。制限なく使える近接武器は貧弱なナイフしかなく、メインの攻撃手段である銃は用意されている弾薬が常にギリギリ。銃を使えばあっさりクリーチャーは倒せるが、弾が無くなった瞬間、敵は恐ろしい存在に変わる。このゲームは残りの弾薬数が頭を離れる事がないので、常に緊張感を持ってクリーチャーに挑まなければならない。そこがバイオハザードの怖さだった。
更にシリーズの特徴に、操作がもどかしいというのがある。例えば探索重視の俯瞰視点バイオは、移動と身体の向きの回転がそれぞれ別スティックで動かさなければならないラジコン操作を採用し、これが慣れるまで非常に動かし難く、容易に敵をかわせなくした事で戦闘の必要性が増し、サバイバル性を引き立たせていた。
例えばシューティング要素が強まりアクション型になったバイオ4は、動きながら撃てなかったりカメラが自由に回せないという制約があるが、それがジリジリとにじり寄ってくる敵との攻防やどこから現れいつ囲まれるか分からない死角の多さから緊張感を演出し、見事にアクション的なホラーを作り上げていた。
それだけでなく、特定の部位を狙い撃つと敵が怯み、そうすることで体術が発動出来て大きいダメージを与えられるのだが、これはアクションとしてアクセントがあるだけでなく、弾薬の節約にも繋がり、バイオの醍醐味である「有限のアイテムを如何にやり繰りするか」というサバイバル性に寄与されている。しかも、部位を狙い撃つのが重要ということで、構えている間動けず敵とじっくり向き合う必要のあるこの操作性はピタりとハマっているわけだ。アクションとしてはただ面倒くさいだけの操作性だが、それを体術の要素によって意味のあるものにし、更にサバイバル性を掘り下げるまでに及んでいる。ゲームの形を180度変えながらもそれまでのバイオの魅力を余す所なく引き出し、アクションシューティングとして溶け込ませている。バイオ4は凄いゲームだ。
要するに、バイオハザードは単なる演出や雰囲気だけに頼ってホラーゲームを作っているのではない。ゲームデザインの方面から恐怖を追求し、ゲーム体験としての、ゲームだからこそ出来るホラーを作り上げようとしている。まぁバイオ5や6では完全にホラーを捨ててたけど、それでも5はコープ、6はアクションと方向性が明確だったので、面白かった。
それに比べると、リベレーションズは何をやりたいのかよく分からない。いや、ホラーがコンセプトなのは分かるが、ゲームデザインがそれに合ってない。二人潜入は別にストーリーコープに対応してるわけでもないし、二人だからこそという仕掛けも少なく、単にホラーの緊張感を削いでるだけ。肝であるサバイバル性にしても、弾薬のバランスは相変わらずギリギリだが、敵の攻撃が当たる直前にスティックを傾ける事で回避が出来るという仕組みのせいで簡単に敵をやり過ごせるのが大問題で、銃を使わなくても楽に敵を対処出来るのでサバイバルによる緊張感がない。また本作は動きながら撃てる仕様になっており、ジリジリと寄って来る敵としっかり向き合って戦うあのヒリヒリした感覚も薄い。
確かに演出や舞台はそれなりに雰囲気があるが、ホラーを引き立たせる方向にゲームが作られてないからイマイチ怖さが伝わって来ない。それでもいつも通りバランス調整が優れているのでアクションアドベンチャーとしてはそれなりに面白かったが、疑問の残る一作だった。

だらだらと長くなったが、リベレーションズ2。
今作も怖くはない。前作に引き続きホラーは表面的なもの。だが、アクションアドベンチャーとしては問題なく面白かった。前作と違って今作は二人潜入に明確な意味がある。コープに対応してるわけではないのだが、プレイヤーが一人二役を演じる協力プレイがとても面白い。
今作の主人公は、クレアとバリー。二人とも久しぶりの登場だ。それぞれ新キャラとコンビを組み、クレアパートとバリーパートが交互に行われる。で、クレアとバリーは銃の扱いに勿論慣れているのだが、新キャラ2人は素人なため銃や体術が使えない。では、単なる木偶の坊かと言うとそうではなく、ライトを当てて敵を怯ませたり、透視能力があったりという、クレアやバリーにない能力を持っている。AIはお馬鹿なので中々思った通りに動いてくれないが、このゲームは好きな時にワンボタンで操作キャラを切り替える事が出来る。効率良く戦うためには、プレイヤーが上手くキャラを切り替えて二役演じる必要があるわけだ。
要するに、AIを賢くしたり一人のキャラに能力をまとめて備えさせれば楽に済むところをあえて面倒な感じにしているわけで、アクションに制約を設ける実にカプコンらしい仕組みと言える。
だが、もどかしい故に上手くハマった時は面白かった。上手いタイミングでキャラを切り替えてアクションが成功するとコンボを決めたようなリズム感があるし、敵と仲間の位置を考えて挟み打ちにしたり片方を囮にしたりとテクニックとしても色々考える余地がある。また面白いのが普通に撃ってるだけではやたらと硬いが透視で弱点を見つけてそこを撃てばあっさりと倒せる敵の存在で、これは透視しながら撃てたら何にも面白くないギミックだが、透視と戦闘が分業になってることで、適度なストレスが生まれ単調なアクションでなくなっている。これに限った話ではなく、このゲームは切り替えの程良い面倒臭さがアクションのアクセントとなり、手応えを向上させている。
一人のキャラで出来てしまうと単調に終わるアクションも、あえて二人で分別するという手間をさせる事で、リズム感を生み出し、またアクションの達成感を引き上げている。そしてこれは、相棒と一緒に戦っているという実感を得させる役割も同時に果たしている。カプコンは、アクションの不便さをカタルシスに昇華するのが本当に上手い。
また謎解きやシチュエーションにしても切り替えを活かした仕掛けがふんだんに仕込まれているし、今作はとにかく二人潜入が上手くゲームとして落とし込まれていた。二人であることの必要性が薄かった前作とは大違いだ。今作もアクションアドベンチャーとして申し分のない面白さを誇る。

しかし。移動が軽快なのが気に入らない。前作以上にサクサク動く。カメラの動きも超スムーズ。回避も任意のタイミングで行えるようになった。もはや普通に気持ち良く動かせるシューティングという感じ。
上でも言ったように、バイオハザードは敵をバッタバッタ倒して気持ち良いというタイプのアクションではなく、アクションとしてもホラーとしてもあくまで根幹にあるのはアイテムをやり繰りするサバイバルであり、それはシューティング型になった今でも変わらない部分だが、サクサク動けると簡単に敵をかわせちゃうわけで、サバイバル性が薄れる。
今作は二人潜入という設定を上手く使って逃げにくいシチュエーションを作ってたからマシだけど、サクサク動けるようにした意味はよく分からない。アクション重視に振ってるならこれでも良いが、ホラー寄りでこの仕様はブレてると言わざるを得ない。

また、今作はエピソード形式のモデルが取られている。パッケージより一ヶ月早く先行してオンラインストアで一週間ごとにエピソードが配信されるという、テレビドラマ的な作りとなっている。
つまりストーリーに力を入れているはずなのだが、これがどこかで見たような展開ばかりで面白くなかった。どこかって言うと、バイオハザードなんですけど。今までのシリーズで見たような展開や設定を詰め込んでいるだけで既視感だらけ。面白い面白くない以前に予定調和に満ちていて興味が持てない。
To be continueという文字を見ても早く続き来てくれ!という気分にならないし、終わりに流れる次回予告も全くそそられない。本当にどうでも良い感じのストーリーだった。

怖くはなかったが、安定のバイオハザードだった。アドベンチャーゲームとしてこのシリーズは本当に毎回外さないな。新しい取り組みもしてるからマンネリもそれほど感じられないし。二人潜入を活かしたシステムはとても良かった。
しかし、ホラーとして作るなら根幹からデザインするべきだね。はっきり言って、リベレーションズのホラーは上っ面で終わってるから。
まぁ俺はバイオにホラーではなくサバイバルアドベンチャーを期待しているので、不満はあるが今作もそれなりに満足いく内容だった。