でも今日は良かった




・プロジェクトモーフィアス

SCEが開発しているPS4専用のバーチャルリアリティシステム。スカウターのようなデバイスを頭に取り付けて使用する。
見た目や使い方からして既に市販されているヘッドマウントディスプレイのようなものかと思っていたが、公開された情報を見ると全く似て非なるものだった。ヘッドマウントディスプレイは出力されている映像を映画館のスクリーンのように眼前一杯に表示したり3D効果を付与したりと既存の映像技術に付加価値を与えるものだったが、モーフィアスはプレイヤーとゲームキャラクターの一体化を突き詰めユーザー自身がゲームの世界を体験するという点に特化しているため、その特性に沿ったコンテンツしか対応していない。具体的な例を上げると、FPSのようなプレイアブル中にキャラクターが画面に映らない主観視点のゲームが主な対象となる。スカウターを取り付けることで視覚から余計な情報は全てシャットアウトされ、前方だけでなく、背後も、左右も、つまるところ360度グルりとプレイヤーを囲むようにゲームの世界が広がり、自分の目線に合わせてカメラが動くなど、本格的なバーチャルリアリティを実現している。ついにプレイヤー自身がゲームの世界に入り込める時代が来たわけだ。
MOVEとの組み合わせも念頭に置いているようで、プレイヤーの動き一つ一つがそのままゲームの世界に反映される、究極のバーチャル体験が実現される日も近い。実にゲームの新しい可能性を感じさせてくれる技術だと思う。
PS4専用のデバイスだし、値段もそれなりに高いだろうから、あまり普及せずコンテンツも貧弱なまま終わりそうな気はするが、バーチャルリアリティはゲームオタクなら一度は夢見た悲願。発売されたら問答無用で買う。


・アサシンクリードユニティ

ものすごいサイクルで新作が作られているアサクリが、今年も発売されることに。前作は舞台が海の上で海賊ごっこは楽しかったが、メインである暗殺部分は全く進化が見られなかった。次世代機特化で作られているユニティも雰囲気作り以外の作り込みが弱いアサクリスタッフなので、ビジュアルの強化で終わりそうな気がする。でも買う。


・ボーダーランズ シークウェル

シューティングハクスラRPG、ボーダーランズの新作。なんだかんだ言って手を出していないこのシリーズであるが、舞台が宇宙というのは多いに惹かれる。月や宇宙基地を冒険できるらしいし、エイリアンちっくなクリーチャー、ジェットパックシステムなど、SFらしい要素が満載。次世代機対応じゃないのは残念だが、これは買う。
2014年秋発売予定。


・妖怪ウォッチ2

今凄い人気だよね、妖怪ウォッチ。コンシューマが弱っている中で、キッズ向けの新たなコンテンツが生まれたのは喜ばしいことだ。日野社長の心眼は本物だと認めざるを得ない。
そして俺も地味に気になる妖怪ウォッチの新作。街に妖怪が隠れていてそれを捕まえるという世界観は凄く子供心をくすぐられるし、現実世界にファンタジーが紛れ込むという設定はものすごく俺好み。前作は体験版しかやってないが、色々な要素を詰め込みすぎな戦闘は単純作業ながらやることが盛り沢山で忙しくて面白かった。
ちなみに今作はポケモンと同じように色違い商法で発売されるが、「元祖」「本家」というバージョンのネーミングはどういう意味があるんだろうね。割と気になる。
7月10日発売予定。


・ラストオブアス

ラストオブアスのPS4版が発売決定。PS3の時点でこれ以上もうどうしようもないだろと思えるほどのクオリティだったが、ノーティドッグのことなのでPS4版では更なる高みに到達していることだろう。
俺としてもリマスターとは言えノーティドッグの次世代機作品は気になって仕方ないが、ラストオブアスはリプレイ性の高いゲームではなくもう一回やる気にはなれないので多分スルー。DLC収録なのは気になるけど。


・ホタルノニッキ

日本一ソフトウェアの新作。ホタルを操って少女を導くゲーム。世界観と、世界観を活かしたパズルは面白そう。
それにしても日本一の新規タイトルに懸ける意気込みは凄いな。
6月12日発売予定。


・大東京トイボックス

ゲームクリエイターを題材にした漫画。東京トイボックスに続いて大東京トイボックスもドラマ化されたので最後まで見た。
東京トイボックスは尺が余りすぎて余計な肉付けなされていたが、続編となる今作は逆に尺が足りなかったようで、かなり端折った内容になっていた。コンテンツを規制しようとしていたドイツ人の話は完全に飛ばされ、主人公が所属するスタジオG3がデスパレードハイスクールというゲームを作り上げるまでの紆余曲折に話は絞られている。
原作の東京トイボックスは二巻で終わってるのに対して大東京トイボックスは10巻。一話30分程度の低予算ドラマなので原作の全てを語るのは不可能というか、そうしたらかなり薄っぺらな内容になるだろうし、規制の話はそれ単体で語ると作品のコンセプトがボヤけてしまうものなので、ゲームを作る部分に的を絞っているのは正解。
が、ふつーうのドタバタドラマになっちゃってるんだよねぇこれ。原作の最大の見所は、作りたいものを作る、というクリエイターのエゴを貫き通そうとするが故に起こるぶつかり合いと、その現実の壁を突き破ってでも自分の信じる面白いを貫き通そうとする作り手のひたむきな姿勢なのだが、それが感じられる場面はあまりなく、そんなもんややこしくて分かりにくいから省いてしまえという内容だった。最終回になっていきなり本質的なところに迫ったが、掘り下げが足りないのでイマイチ伝わってこない。それでも、原作の名場面がふんだんに詰め込まれていただけあって感動する風にはなっていた。
大人になったら、ゲームなんかやらなくなるよ、と冷めた気持ちで話す幼馴染に、お前が大人になってもゲームが好きでいられるように、俺がめちゃくちゃ面白いゲームを作るよ、と誓う、少年時代の主人公。原作でも泣けたが、ドラマもこの場面は普通に感動してしまった。


・映画の話

『地獄でなぜ悪い』

“刑期を終えて出所する妻のため、元アイドルである娘を主役にした映画を撮って見せてあげたい。でも、あと少しで完成なのに娘は逃げ出し、映画監督からは匙を投げられてしまった。どうしよう、どうしよう。
そうだ!ヤクザの抗争をそのまま映画にしたら良いんじゃね?だって俺ヤクザの親分だし。”

良い!これは凄く良い!皆呆れるほどに馬鹿やってて最高に輝いていた。
生の抗争を撮影の舞台にしてしまおうという発想が馬鹿だし、相手側の親分がその提案にOKしてしまうのも馬鹿だし、カメラが回っている中で派手な血飛沫を飛ばしながら殺し合いをしているヤクザ達なんてお前らなんでそんなに楽しそうなんだよと言いたくなるくらい生き生きしていて馬鹿だし、
中でも最高に馬鹿なのは、商業主義を嫌いロマンに生きている撮影オタクで、「自分の思う最高の一本を撮るためなら死んだって良い」の言葉通り、血で血を洗う抗争のど真ん中で、これこそ俺が撮りたかったものだ!と目をギラギラさせながら撮影を続けている姿はもう本当に馬鹿としか良いようがなく、自分の想いに真っ直ぐひたむきで、良い大人になっても顔を輝かせながら馬鹿やっている姿がとても眩しく微笑ましかった。その愚直な情熱は映画全体に溢れており、観ている間ずっと笑顔が止まらず、とても晴れやかな気持ちにさせてくれる。気持ちの良いエンターテイメント傑作。


『エス』

“囚人側と看守側に別れて二週間過ごすとどうなるかという大学の実験に大金が貰えるとのことで参加したら、命がけの毎日が待っていた”

最初に暴力は禁止という取り決めがされているし、大学が様子を監視しているのでそこまで大ごとめいた展開にはならないだろうと思っていたら、看守側の行動が想像以上にエスカレートして、最終的に大学の博士まで誘拐して囚人として捕まえてしまい、おいおいそこまでやるかというと行き過ぎた展開が面白かった。
散々虐げられてきた囚人達が最後に看守に逆襲する倍返しもスカッとする。


・ヤクルトの話

まぁ投手が酷いのは始まる前から分かり切ってはいた。それでも一人か二人は下馬評を覆す選手が出てくるだろうと思っていた。まさかここまで予想通りの働きしか出来ないとは。元々最低に近かった期待値を更に下回る働きぶりで、ヤクルトを応援して12年、ここまで酷い投手陣は見た事がない。
とにかく小川以外の投手でマトモな奴が皆無。唯一それなりの球を投げられそうだった村中とバーネットは怪我で離脱。残された投手は投げたイニングより多く点が取られなければ御の字という悲惨すぎる状態。
そんな中、ようやく木谷という救世主が現れ、明らかに配置が逆だった八木が先発、秋吉が中継ぎに転換。石川も若干復調してるっぽい。これでちょっとはマシになるか?
しかし今年の野球では優勝はまず無理だろうな。これに懲りて少しはフロントがやる気を見せてくれたら良いが、全く期待は持てない。