一発ネタゲー



画像1


3DSのアドベンチャーゲーム。開発はレベルファイブ。3DSのストア専売で、800円。

チュートリアルや操作解説や状況説明が一切なく、全く手探りの状態で宇宙船からの脱出を図るというオールドタイプなゲーム。
無説明なのには当然意味があり、全く訳が分からないままゲームは進むので得体の知れない不気味さみたいなものは感じられる。特に最初の訳の分からなさは素晴らしい。本当に訳が分からなかった。雰囲気だけではなく、ストーリーのオチにもトリックとして機能していたのが良かった。
しかし、それだけと言えばそれだけ。ストーリーはありがちなもので別に見所はなく、パズルも分かりにくくて面倒なだけ。ただ、陰鬱な雰囲気の宇宙船内を手探りで進めていくことに何らかの気持ち悪さやら不安感やら不気味さを感じて下さい、というだけのゲーム。

あまりにも割り切った作りで、見事なまでに一発ネタのゲームであるが、こういうアイディア勝負の一発ネタゲーこそがDLゲームの真骨頂であり、安価で手軽に買えるDLゲームの身の丈と実に合っている。
パッケージゲームだと中古の問題もあってボリュームを付ける為に無駄な肉付けをしてアイディアの部分が薄れてしまいがちだが、DLゲームだと規模も小さくて売られる心配もないからそこら辺柔軟に立ち回れる。

ちなみにこのゲームは、ギルドと呼ばれるレベルファイブの企画の一環で、他にも複数のアイディア作品が発売されているのだが、何故かギルド01ではDLで配信せずに複数のミニ作品を一つにまとめてパッケージ販売するという、
「気になったものだけ手軽に安く遊びたいのに無理矢理押し付けられても・・・」と言いたくなるような、全くこの手のゲームの特性を理解してないマーケティングで、結果的にパッケージ版の売り上げは振るわず慌ててDL配信の個別売りを始めるという日野社長らしからぬ失態を見せてくれたが、
そうは言ってもクリエイターのアイディアをそのままゲーム化しようというこの企画自体は素晴らしく、斬新な物を作っていこうとするレベルファイブの姿勢は応援したい。
ただ、レベルファイブは難易度をゲームの方向性ではなく、ユーザー層に合わせすぎなのがな・・・タイムトラベラーズは本当にガッカリだったよ・・・
しかし、このゲームはそういう部分からも解き放たれて、本当にクリエイターが作りたいように作らせて貰っているなぁと感じられて良かった。別に面白くはなかったけど、アイディアに向かってブレずにひたすら真っ直ぐ作られている事は大変評価出来る。