カプコン流のアプローチが光るオープンワールドRPG






PS3とXbox360のオープンワールドアクションゲーム。開発はカプコン。

ジャンルはオープンワールドアクションとあるが、ゲーム進行は海外のオープンワールドRPGにあるような、ある程度自由にプレイヤーがストーリーテリング出来るタイプで、要するに明らかにスカイリムやオブリビオンを意識している。しかしこのジャンルの辛いところは、スカイリムがあまりにも絶対的なゲームとして存在していることだ。どうしても比べられてしまう。
実際比較してみると、ドラゴンズドグマのオープンワールドはスカイリムほどマップは広くないし、街やダンジョンの数に至っては比べるに値しないし、住人の会話も似たり寄ったりだし、世界観の練り込みも全然足りない。
オープンワールドRPGのキモは如何にプレイヤーを世界に引き込むかにかかっていると思うのだが、スカイリムと比べるとドラゴンズドグマは肝心のオープンワールドの作りがあまりにも甘い。物量が全く追い付いてない。
そもそもスカイリムは開発のベゼスダが長い年月をかけてその方向性に向かってコツコツと積み上げたノウハウの集大成であって、新規タイトルの、しかもこの手の物量重視のゲームを作るのに慣れてない日本のゲーム会社が同じようなオープンワールドRPGを作ったところで相手にならないのは当然だ。

物量で挑んではどう頑張ってもスカイリムの劣化コピーにしかならない。ならばどうするか。この部分が恐らくこのゲームのテーマだろう。そしてカプコンは、アクションとモンスターという、同社が今まで積み上げてきたノウハウをもって、このジャンルのゲーム作りに挑んだ。
スカイリムは、徹底して作り込まれたオープンワールドとそこに滞在する住人の驚異的なAI、更には分岐が豊富なシナリオでプレイヤーを世界に引き込んだが、対するドラゴンズドグマは、巨大なモンスターやアクション性の高い戦闘によるアプローチからプレイヤーを世界に引き込もうとしている。そしてそれは見事に成功したと言って良い。

とにもかくにもモンスターのクオリティがヤバい。これはかなり衝撃的だった。
デザインは原子的で荒々しく、ゴテゴテした外連味が一切ないのでファンタジーの世界観と見事にマッチしてるし、巨大な体躯の迫力も充分なのは序の口で、何よりモンスターの動きが凄い。あまりにも豊富なモーションが用意されており、モンスターは本当に生きてるかのような躍動感で動きまくる。AIで制御されているとは到底思えないような自然な動きに感心した。

これだけ作り込まれたモンスターとの戦闘が面白くない筈がない。巨大な敵相手の戦闘はどうしても大味になりがちで単調さが目立つものだが、ドラゴンズドグマはボスの豊富なモーションと豊富な戦闘のアプローチによって全く単調さを感じさせない。強目に調整された難易度とボスの迫力ある見た目とあいまり、最初の手探り状態時のこんなの勝てねぇだろと言いたくなる絶望感は素晴らしい。
そうなんだよ、初見で挑むとめちゃくちゃ強いんだよモンスターは。それなのに適当にマップ彷徨いてたら急に奴らは現れて、こちらの感情を高ぶらせてくれる。キメラの毒に手こずり、サイクロプスの巨大さにビビり、オーガの女好きに笑い、飛んでばかりのグリフィンに鬱陶しいと罵倒し、コカトリスの石化攻撃に愕然とする。新しいモンスターと出会うたびにその強さと迫力ある見た目に恐れ慄いてしまう。
でもこの感覚が本当に楽しいんだ。本当にワクワクするんだよ。これだけでもオープンワールドにした価値があると断言出来るね。特にドラゴンと最初に遭遇した時はあまりの凄さに感動すら覚えるレベル。終始、「スゲー、これスゲぇよ」と呟いてた。
アクションの種類もカプコンらしく豊富で、ジョブが多く用意されておりそれぞれに特徴ある戦い方が出来るし、自由に変更出来て一部のスキルは引き継ぐことも可能なので、キャラを育て上げていくのが楽しい。二段ジャンプやホバリング移動があるなど、良い意味でリアルさをないがしろにし、アクションの楽しさを追求している姿勢も素晴らしい。

このゲームのもう一つの大きな特徴はポーンシステム。ポーンとは要するに仲間のことで、最大3人まで連れ歩けるのだが、メインポーンと呼ばれる自分が作ったポーン以外は、同じく他のオンラインに繋いでるプレイヤーが作ったメインポーンを雇って仲間とすることが出来る。これがとても面白い。
ポーンのキャラクリエイトで見た目や性格が細かくチューン出来ることもあってどのポーンも個性豊かで愉快だし、雇い終わったらメッセージや見た目の評価やアイテムのプレゼントが出来たりして、自分の作ったポーンが雇われてそれに対する反応が返ってくるという流れがとても楽しい。
キャラの性格によって行動が変わるのも良い。やたらとお喋りなポーンが居るかと思えば、寡黙なポーンもいる。ポーンは移動中にも様々なヒントを与えてくれるし、戦闘でも連携が必須となってくるので、まさに仲間と冒険している感じがある。宝箱を勝手に開けてくるのはどうかと思うけどね。
フレンドのポーンを雇って雇われすればもっと面白かったのだろうが、生憎進行状況とフレンドのポーンのレベルが噛み合わなかったのでそれは実現しなかった。レベルの高いポーンで無双してもつまらないしな。
しかしこのポーンシステムはとても良く出来ているのは間違いない。モンスターハンターのアドホックプレイの遊び方と言い、カプコンはコミュニケーションの仕組みを作るのがとても上手い。

最初にスカイリムと比べてオープンワールドの作りが甘いと言ったが、逆に上手く割り切ってると言えなくもなく、更に日本らしい味付けがされているので、オープンワールド慣れしてない日本人にとってはとても親しみやすい作りになっている。
マップはそんなに広くないうえにある程度道筋を示してくれるから何処に進めば良いのかと迷うこともないだろうし、街の中の入れる建物は少ないがその代わり家に入る度に長いロードということもなく快適であるし、戦闘が面白いからゲーム展開にメリハリが感じられるし、何よりもフリーズが一切ない。
スカイリムなどの海外オープンワールドRPGの最大のウリは物量であるが、それが弊害となって引き起こされる問題が多いのも事実。しかもメリハリが薄くアクションもつまらないのにただひたすらボリュームが凄いため、途中で飽きやすかった。 徹底した作り込みは素晴らしいの一言だが、あまりにやりすぎでその膨大さに辟易としてくる部分もある。
ドラゴンズドグマのオープンワールドは、個人的には丁度良いバランスだなと思う。

しかしこのゲームは問題点も結構多い。
まず日本のゲームなのに何故か日本語吹き替えがない。せっかく日本向けに上手くオミットしたオープンワールドRPGを作りあげたのに、何故かここで自らハードルを上げている。アクション中に字幕を見ている暇がないことくらい百も承知なはず。雰囲気作りにしても、日本語と英語の二つを用意すれば良いだけの話で、この仕様は本当に不可解。
次にマップの移動が非常に面倒くさい。ワープ手段があまりにも限られており、クエストなどで何度も行き来する必要があるのにこれはダルすぎる。なのにジョブの変更やスキルの入れ替えは特定の場所でしか出来ないのは不便極まりない。
終盤になるとこの移動の鬱陶しさは顕著になるのだが、ここら辺になると殆どのモンスターとも顔合わせ済みとなり、モンスターとの戦闘はテクニックというよりは倒し方の手探り感に重点が置かれているので、初見の時ほどの楽しさはない。このゲームの戦闘はモンハンのように何度も戦ってモンスターの動きを見切る、というような自分のスキルを磨いていく楽しみは薄く、とにかく巨大なモンスターとの戦いの雰囲気を楽しむという側面が強い。なので戦えば戦うほど面白味はなくなっていく。
ラストダンジョンの作りも何か凄く適当だし、終盤になるとこのゲームの勢いは途端に弱まってしまう。そのくせ二週目にしかない要素が多いのも何だかなぁという感じ。面倒くさくて二周もやる気出ないっちゅうに。一周目で全ての要素を遊ばせてくれ。
セーブデータが一つしかないのに勝手にオートセーブが入ることもオープンワールドRPGとしては問題な気はするが、これは選択を間違っても安易にやり直せるという甘い考えをシャットアウトしてくれるので、むしろ緊張感が増して良い時もある。現に真剣に返答に悩まされた時があった。

問題は多いが、オープンワールドRPGとして大満足な内容だった。
オープンワールド系のRPGをやる度に「戦闘さえ、戦闘さえ面白ければ・・・」と血涙を流してきたが、ようやくそれが現実となったゲームが出てくれた。やっぱり日本人が作ってるだけあって、こちらのツボを押さえた作りになっているからとても遊びやすい。
これだけ金のかかってそうなゲームを、しかも新規タイトルとしてカプコンは良く作ってくれたな。海外では苦戦しているらしいが、日本では新規タイトルとは思えないほど絶好調なので何とか続編を作って欲しい。磨けばもっと良いゲームになると思う。