リトライ日記。難易度はノーマル。ネタバレ注意。
3日目の終わりまで。






悪夢から目覚めたヴィンセント。しかし、隣には金髪の少女が…。
このシチュエーションから考えられる、昨夜の出来事はただ一つ。
ヴィンセント、やっちゃったね…。
まぁ、この子のが魅力的だもんな。胸でかいし、肌綺麗だし、情熱的だし。

昨夜の事が全く思い出せないヴィンセント。彼女と一夜を共にしたことに、死ぬほど焦る。
女の子は続きをやろうとしたが、歯医者だとか言って慌てて出て行った。

夜、いつものようにバーに行く。今回から、バーの中を歩き回ることが出来るようになる。
バーの中では、他の客と話せたり、ゲーム機で遊べたり、酒を飲めたりする。
会話をしてると、時間が流れ、バーの客の顔ぶれが変わる。また、酒を飲むと、パズルパートで主人公の動きが素早くなるという効果がある。
バーで、記者のジャスティンと、双子のおばちゃんリンゼイとマーサに出会う。
リンゼイとマーサから、塔を登りきると伝説の男になれるという言い伝えを聞く。
塔って、あの悪夢の事だろうな。こいつら何か知ってやがるな。

キャサリンから「アパートに来たのにいない。生ゴミ溜めすぎだから捨てといた」とメールが来る。心が痛む。
金髪の少女からもメール。何でメルアド知ってるんだ、こいつ。 昨夜教えちゃったのか?
返信したらご褒美をあげると書かれているが、ここで返したら完全に浮気を認めることになってしまうので、無視する。

ゲーム機で遊んでみる。
ラプンツェル? このタイトルどこかで聞いたような…。
ゲーム内容は、夢の中と同じパズル。ただ、時間制限はなく、変わりに動かせる回数が制限される。
4面までクリアーしたが、詰んだので諦める。

キャサリンから電話が入る。
「電話で話すのも一緒だよね。でもやっぱり良いや。顔を見て話すことだよね。」と言って切られる。
これ、浮気バレたんじゃね? ヤバいよヴィンセント。

ちなみに、バーで無理に過ごす必要はなく、ドアからいつでも帰ることが出来る。

3日目の長い夜。
管理人から、いよいよ本番だとか言われる。今までは序章だったのかよ…。
いざ、挑戦。
この階は、乗ると針が出てくる石がある。そして見事に針に刺される俺。死亡。
リトライ。
針の石ばかりで先に進めない。現状を打開する為に石を奥に押して、
段差を落とす。やりすぎて上の層が全部落ちて進めなくなる。死亡。
リトライ。
手が滑って針の石に乗ってしまい死亡。絶句する。
リトライ。
いや、これ無理じゃね。針をどうしろと?
針の石に乗ってみる。すぐ離れればセーフだと分かる。なるほど、そういうことか。
移動が遅れて針のむしろになる。死亡。
ゲームオーバー。メニュー画面に戻される。
面倒くせー。リトライ制限なくしてくれよー。

再開。
本みたいなアイテムが落ちている。もしかしてコレクション要素か?ワクワク
と思いながら取ると、羊を殺すアイテムだった。ガッカリ。
気を取り直して使ってみる。羊がサンダーで焼き殺される。
ざまぁみろ。お前ら邪魔なんだよ、ほんと。
コインのせいで、針の石だと気付かず乗り、反応が遅れる。死亡。
リトライ。
残り二段まで進む。しかし、どうしても解けない。どんどん層が迫って焦る俺。
入力ミスで、ぶら下がりから飛び降りてしまう。死亡。壁を殴る。

リトライを10回ほど繰り返し、ついにクリアーする。こぶしを天に突き上げて喜ぶ俺。

中間地点のエントランスで、ドリンクを買う。これを使えば、二段差なら登れるようになるという超便利アイテムだ。
その後、懺悔の部屋へと進む。

Q3「男はみんなバカか?」

そんなわけないじゃんと思い、「それぞれ」を選択。
オンライン結果は、「それぞれ」が55%。

二層目に突入。
針の石の先の段差に羊がいる。しかしどいてくれない。
階層が迫ってきてんだから、早く動けやこのボケが
と汚い言葉を吐いてしまうほどイライラする。
一か八か、針の石に乗るも、羊は動いてくれず針の餌食となる。死亡。思わずジャンプする。
リトライ。
ドリンクを使い、快進撃を続ける。後は石を押すだけという場面で、針の反応に遅れ串刺し。死亡。10分間放心状態になる。
リトライ。
ドリンクを使おうと思ったら、なくなっていることに気が付く。アイテムは一つしか持てないのに、違うアイテムを取ってしまったようです。結局死亡。椅子を蹴り飛ばす。

そして、リトライを繰り返すこと15回…。ついに、ついに歓喜の瞬間を迎える。
まぁ、まだ階層あるんだけどね…。

Q4「興奮して鼻血を出したことあるか?」

即答します。ないです。そんな漫画みたいなこと、本当に起こり得るのか?
オンライン結果を見たら、15%ほど、「ある」と答えている人がいる。マジか。

ついにやって来ました今夜の最終層。
さーて、今日のお相手は…、何とも言葉で形容しにくい奴だな。
まぁ、見たままを言うと尻の化け物だな。キモい。

いざ、挑戦。
尻怪人が、ハートの雨を降らせる。何これ、あ、当たっちゃった。
え、違う違う、そっちじゃ…。針に刺されて死亡。
どうやら、ハートに当たると、キー入力の逆に移動するようだ。
これダル過ぎるだろ。ドンキーコング3を思い出すわ。
リトライ。
ハートはぶら下がっていると当たらないことが判明する。なーんだ、意外と楽じゃん。
余裕こいてたら尻怪人の餌食となる。死亡。
リトライ。
やっぱり、ぶら下がり状態でもハートの当たり判定があると判明する。
あらぬ方向に移動し、しっちゃかめっちゃかになる。死亡。
リトライ。
超反応でハートをかわし続ける。
しかし2回連続ハート降らしに対応出来ず、死亡。雄叫びを上げる。
リトライ。
ハートに当たっても、逆入力に慣れ、スムーズに進めるようになる。
ハート効果が終わったのに逆入力してしまい、詰む。死亡。
リトライ。
つうか、尻怪人のスピードが尋常じゃないんだが。早すぎるってレベルじゃない。
尻怪人に食われる、死亡。
リトライ。
針から戻ろうしたら、ブロックが落ちてきて、移動不可になり、そのまま刺される。死亡。
もうやだ、このゲーム。
リトライ。
天才的なインスピレーションが働き、一番上の段までたどり着く。
しかし、ハートに当たってしまい、焦って逆入力がままならない。下からは迫り来る尻怪人。
ギリギリでハートの効果が切れ、何とかゴール。
リトライは20回ほど。ヤクルトの応援時でも見せないような、渾身のガッツポーズをする。

今夜の地獄は乗り切ったヴィンセント。
しかし目覚めると、またも横に金髪の少女が…。
今日はここまで。