2010年ドラフト会議が、昨日行われた。
我らがヤクルトスワローズは、早々に斎藤祐樹を指名することを明言していた。斎藤選手は3年頃から打たれることが多くなり、実力に疑問符はあったが、人気は絶大で、毎年集客に悪戦苦闘しているヤクルトにとっては喉から手が出るほど欲しい、スター性のある選手だ。
が、彼を抽選で外してしまい、全ての予定が狂ったわけだが…。

1位 山田哲人(履正社高)
右投右打:遊撃手

2位 七條祐樹(伯和ビクトリーズ)
右投右打:投手

3位 西田明央(北照高)
右投右打:捕手

4位 又野知弥(北照高)
右投右打:外野手

5位 久古健太郎(日本製紙石巻)
左投左打:投手

6位 川崎成晃(熊本ゴールデンラークス)
右投右打:外野手

育成枠

1位 北野光貴(神奈川大学)右投右打:外野手

2位 上野啓輔(香川オリーブガイナーズ)
右投右打:投手

3位 佐藤貴規(仙台育英高)右投左打:外野手

高校野球やアマチュア野球は、あまり見ないので、選手の将来性云々は言えないが、ヤクルトの方向性は明確に見えたドラフトだった。
1順目で、速戦力を期待できる斎藤・塩見を外したことは、先発の5・6番手が不安なヤクルトにとってはかなり痛い。しかし、長距離砲として期待できる、山田選手を取れたのが救い。他に西田、又野と、ヤクルトにしては珍しく大型野手を獲得した。昨年まで、バカの一つ覚えみたいに、三拍子揃っている触れ込みの選手ばかり取っていたが、結果的に青木をスケールダウンした選手ばかりが量産され、ここ数年は深刻な長打力不足に悩まされた。
今年は、2軍コーチに池山が就任したことも契機となったか、ようやく弱点を補う指名をしたことは評価できる。モノになるのは、まだまだ先だろうが、楽しみだ。

驚いたのは、2順目指名の七條選手。まだ南選手という好投手も残っていたが、あえて回避して獲得した選手。
ヤクルトお得意の、独自路線臭がするが、これで成功したことはほとんどないんだよなぁ。04年に、無名の山田を2順目で指名したが、結局全く目が出ないまま終わってしまい、この負の印象が、俺の中では強烈に残ってる。
まぁ、斎藤・塩見が取れなかったから、速戦力として急遽獲得したんだろうね。スカウト陣の眼力を信じよう。

うーん、やっぱり斎藤選手を獲得出来なかったのは残念だなー。神宮球場を満員に出来る唯一の起爆剤だったんだけど。
獲得した選手自体は小粒かもしれないが、方向性としては正しいドラフトだったと思う。