砂を噛んでるようなプレイ感覚





AD228667-240E-403D-9DC7-E04DA743738C
PS3のRPG。開発はレベルファイブ。ちなみに、光と闇の覚醒に収録されたのをプレイ。

PS3では数少ない王道RPGを謳い、開発はダーククロニクルとドラクエ8を作ったレベルファイブ。広大なフィールドと、コツコツ系のRPGを作るのは、レベル5の得手であり、その2つのエッセンスを組み合わせた作品ということで嫌でも期待は高まった。
しかし、結果からいうと、ベクトルが違うとはいえ、あのローグギャラクシーの再来だったわけだが…。

とにもかくにもストーリー。これが、ほんっっっっっっっっとに酷い。近年稀に見るショボさ。
盛り上げる気のない演出、噛み合わない音楽、あまりにセンスがないカメラワーク、カッコ良いこと言わせようとして滑っているセリフ回し、バレバレな伏線、全くそそられない展開。
とにかく、ストーリーは見るべきところがまるでない。ここまで盛り上がらない展開に仕上げるのは、ある意味才能がないと無理。

戦闘も決して褒められるものではなく、ボタンを連打してコンボというのはある意味新しいが、技によってタイミングやボタンの種類が変わるわけでもなく、ただ連打するだけというのは芸がなさすぎる。
そして敵の種類の少なさがまた泣ける。色違い多すぎだろと。その前に、敵の個性がなさすぎだろと。
装備は豊富で、キャラカスタマイズも武器によって色々なスキルを覚えるなどして自由度があるが、そもそも敵が弱いので、あまり工夫する必要がない。

インターフェースもおよそ最悪で、特に仲間が持ってる武器や防具を他の仲間に装備させるための手順が面倒すぎる。
仲間が持ってる装備を探して、それを他の仲間に渡し、さらに一度画面を切り替えて、「装備をするコマンド」からしか装備出来ないとか、一体何の罰ゲームかと思った。渡す時に、そのまま装備させろよ。おまけに能力変更値も見れないし。同じレベル5が開発したドラクエ8ではやれたことが何でできないんだ。
フィールド上では装備を装備ボックスに入れれないことと、シンナイトの装備が変更出来ないのも謎。
あと、仲間の移動速度が遅いうえに、フィールドのオブジェクトに引っ掛かることが多い。これのせいで、中々敵を振り切れなくてイライラした。後ろを見たら、敵が大名行列の如く連なっているし、敵は距離関係なしにダメージを与えてくるし、仲間は敵に突撃するし。
その劣勢の状況で、騎士に変身して敵を無双するのは中々楽しかった。基本的にこちらの攻撃は地味なため、騎士に変身した時の爽快感は何とも言えないものがある。このメリハリは良かった。

フィールドと街の作りは可もなく不可もなく。
街は広いが、マップを見ながら走り回れるし、目的地点も一目瞭然。
ただ、入れる家が少ないのはガッカリだった。街を広くするのは良いが、中身を疎かにするなよと。見映えだけ良くても、中身がスカスカだったら本末転倒だろと。
あまりに広いと、見回るのが面倒になるだけだし、程々にしてほしい。
入れる施設が少ないとはいえ、武器屋や酒場に、ロード・暗転全くなしでシームレスに入れることについては、「レベル5やるじゃん」と思った。このあたりは、さすが作り慣れてるね。
フィールドも、適度に分岐し、適度な広さで丁度良い。ただ、マップを見たらどこに行けば良いか分かってしまうのはやりすぎかな。そんなに広いわけでもないし、ちょっとは迷わせてくれても良かった。

ちなみにオンラインはプレイしていない。オンラインプレイが前提のボリュームなので、オフ専は注意。
レベル5らしく、誰でも安心して遊べる作りだが、これといった魅力も特徴もなく、RPGとしても中の下の出来で何ともやり応えがないが、滅多にお目にかかれないショボいストーリーはある意味、一見の価値があるかもしれない。